Posts tagged with ‘遊びの効果’

  • 遊びの効果

    By on August 21, 2014

    以前話したのと同じく遊びはいろんな子供の発達に影響はおよぼすけど、どんな部分で正確にどのような効果を見られるかは次にある。 情緒的発達 生まれて2歳以降には大人に見えるすべての感情があらわれる。だがそれを言語で具体的に表現する能力は足りない。身体的な言語、音と言葉、その他の象徴を使って表現する。このような点で遊びは子供たちが自信の感情や考えを一番安定的に簡単に表現できる手段である。遊びを通して笑って、楽しむ方法を学んで自分が好きな物がなんなのかを探せる。また、親とともにするとき情緒的安定感は大きくなって、遊びしていない子供に比べてもっと安定した情緒の発達ができる。 社会性の発達 遊びは一人でも出来るけど大抵の遊びは特定の対象とともにする事が多い。このように誰かと一緒に遊びを楽しむ過程で新しい対人関係ができる。それによって他人の感情を読むようになってそれに合わせて自分の感情をどのように表現すればいいのかも学べる。また他人との遊びをするために自ら規則を守ったり感情をコントロールしたり、待つ事を学ぶ。これらの過程を社会に適応する為の基本能力でなれる。 認知的発達 (思考力、推理力) 子供は遊びを通じていろいろ再現してみる。子供は自分がお母さんになって料理する想像をしてみたり、お父さんになって車を運転してみたりする。これらが認知能力である。 世界的な心理学者「ピアゼー」が主張するのは「子供は遊びを通して自己中心的な思考から周りを理解したり、逆に考える機能、抽象的な思考力と問題を解決で きる能力ができる」と言う。子供は遊びを通して思考力と推理力が高くなり、世界を生きるに必要な知識を自然的に学びながら成長していくのである。 自尊感の形成 子供は遊びを通していろいろ問題を解決する過程を感じたり、失敗をしたらまた成功するまで楽しく挑戦してみる。このように遊びは一番安全に失敗を経験する過程である。 反面、早教育による学習は十分ではない成果で子供は挫折したり喪失感を感じる事が多い。このような子供たちは十分な遊びをした子供たちに比べて失敗を恐れる傾向が多い。また、他人との評価をされて他人より遅れるという基準が立てたら挑戦に負担になるし、それによってどんなことにも始めから恐れを持つ事があり得る。 でも、遊びをする子供は失敗を失敗として感じないで「またやり直せばいいこと」で心構えを持つ事になる。例えばブロック遊びをする時に積み上げたブロックが落ちたとしても「またやり直せばいいこと」で心構えを持ってまた挑戦して成功に対する達成感を味わう。これらの過程を通して挑戦に対して恐れを持たず失敗を恐れない子供として育てられる。自分を信じて愛する、つまり、自尊感が高い子供で成長することになるのである。 創造力の発達 子供は遊びを通して色んな想像の世界に飲み込まれる。その中で新しい役割をしてみたり、色んな想像を加えながら自分の世界をもっと広げて創造力を高めていく。また色んな世界を再構築しながら新しい世界も創造し、まだ経験していない世界に対して創造をする過程を通して創造力は発達される。遊びには正解もないし、間違いもない。だから対象、仕方、時間にかかわりなく自分が思うままで自由自在に変えられるから、それを通して新しい答えを見つけたり、新しい仕方を見つけたりする。遊びを通して果てしなく新しい物を作り出す子供はきっと高い創造性を持っているのが間違いない。

    0
    Toki Labs