Posts tagged with ‘子供の脳’

  • 子供の脳、情緒発達の基本 (2)

    By on August 19, 2014

    子供の脳はストレスに対してある程度の回復能力は持っているが、これは遺伝的に差があって、生まれてから何年間はストレスに相当に弱い。人間脳をのぞいては生まれた時に大抵作られる。人間脳がまだ完全に作られてない状態だから他の脳に簡単に支配されてよく怒ったり、イラついたりする。この時期に親がちゃんと抱き合ってあげず怒ると人間脳は発達できず、他の脳の警戒システムがもっと発達して物事に対してより敏感に反応し、感情調節を出来ない子供として育つ。 こういう感情を調節できる能力はどのように育てるのだろうか 子供が感じる不安を真面目に受け入れて自分の立場じゃない子供の立場で解析して話してあげる。例えば地に落ちた食べ物を食べようとする子供に「地に落ちた食べ物は食べてはいけないってどうして怒るのよ!」ていうわけじゃなく「お菓子をたべないようにして怒ったね。お菓子がとても食べたかったね。お母さんが他のお菓子をあげるよ。」だと子供を慰めてあげる。 優しくてげんきな感じで子供の感情に反応してあげる。例えば子供がおもちゃを持ってきて遊んでもらうとするのなら元気で楽しい声でちょっとでも一緒に遊んであげたほうがいい。子供が怒っているのなら「ちぃちゃんがすごく怒ったね〜」と子供の感情を理解する反応をみせる。 いつも優しく接して警戒をはっきり決める。子供の感情を調節できるようにするとき大切なのは親自ら自分の感情をおさめるようにならないといけない。会社や他の仕事で得たストレスを子供に伝えてはいけない。子供は優しくて、頼れる親を必要とする。自分が本当にストレスによってきつい状況には「ダメ」とはっきりした警戒を決めてあげなければいけない。だけど、こういう手段も耐えられないほどの時に限り使う。なるべく子供の感情を感じ取り理解して接してあげるようにする。 身体的な接続でなぐさめる。簡単に言って泣いてる子供を抱いたり触ったりしながら精神的な交感を得るようにする。    – Margot Sunderland. (2008). The science of parenting. DK ADULT,

    1
    Toki Labs
  • 子供の脳、情緒発達の基本 (1)

    By on August 19, 2014

    人の脳は大きく分けて三つに分けられる。 基本的な生存機能を調節する、は虫類脳 社会的行動の為のほ乳類脳 精巧な思考と理性的判断をできる人間脳 人間脳を抜いて環境的な危険とか反応に対して効率的に対処できる判断をできるようにしてくれる脳である。 現代社会でいろいろストレスが環境的な危険にあたるし、これらのストレスを調節したり理性的判断のためにはもっと発達した人間脳がより発達されてないは虫類脳とほ乳類脳を効果的にコントロールする状況にならないといけない。 だけど私たちは肉体的とか心理的に外部から危険を感じると理性的脳は非理性的な脳に簡単に制圧されて、外部のストレスを耐えきれず怒ったり落ち込むようになる。 これらの外部ストレスに対してより耐えられる人間脳の発達は大抵子供のころに行われる。 子供の脳は大抵生まれた後に発達し、脳の成長の9割が生まれた後の5年間行われる。この時期の経験と特に親との交流が直接な影響をあたえ子供の脳の発達の方向性を決める。 例えば親が暴力的な人なら暴力に対して敏感な反応をして過剰警戒、過剰防御、過剰攻撃をする方向に脳が発達し、このような時には理性的な脳は発達できず、環境の危険に対して効率的に対処できるは虫類脳、ほ乳類脳が発達して攻撃的な性向をもつ、小さなストレスにも耐えられないで暴力的な性向をもつ大人になる可能性が高い。 もし、親の暖かい世話をもらった場合、子供の脳はストレスを耐えて怒りを調節して、親切と同情心を感じる方向に脳は発達する。だから大抵の事にも理性的に判断できるし、ストレスに対して効率的に対処できるようになる。    – Margot Sunderland. (2008). The science of...

    1
    Toki Labs