遊び

  • 遊びの効果

    By on August 21, 2014

    以前話したのと同じく遊びはいろんな子供の発達に影響はおよぼすけど、どんな部分で正確にどのような効果を見られるかは次にある。 情緒的発達 生まれて2歳以降には大人に見えるすべての感情があらわれる。だがそれを言語で具体的に表現する能力は足りない。身体的な言語、音と言葉、その他の象徴を使って表現する。このような点で遊びは子供たちが自信の感情や考えを一番安定的に簡単に表現できる手段である。遊びを通して笑って、楽しむ方法を学んで自分が好きな物がなんなのかを探せる。また、親とともにするとき情緒的安定感は大きくなって、遊びしていない子供に比べてもっと安定した情緒の発達ができる。 社会性の発達 遊びは一人でも出来るけど大抵の遊びは特定の対象とともにする事が多い。このように誰かと一緒に遊びを楽しむ過程で新しい対人関係ができる。それによって他人の感情を読むようになってそれに合わせて自分の感情をどのように表現すればいいのかも学べる。また他人との遊びをするために自ら規則を守ったり感情をコントロールしたり、待つ事を学ぶ。これらの過程を社会に適応する為の基本能力でなれる。 認知的発達 (思考力、推理力) 子供は遊びを通じていろいろ再現してみる。子供は自分がお母さんになって料理する想像をしてみたり、お父さんになって車を運転してみたりする。これらが認知能力である。 世界的な心理学者「ピアゼー」が主張するのは「子供は遊びを通して自己中心的な思考から周りを理解したり、逆に考える機能、抽象的な思考力と問題を解決で きる能力ができる」と言う。子供は遊びを通して思考力と推理力が高くなり、世界を生きるに必要な知識を自然的に学びながら成長していくのである。 自尊感の形成 子供は遊びを通していろいろ問題を解決する過程を感じたり、失敗をしたらまた成功するまで楽しく挑戦してみる。このように遊びは一番安全に失敗を経験する過程である。 反面、早教育による学習は十分ではない成果で子供は挫折したり喪失感を感じる事が多い。このような子供たちは十分な遊びをした子供たちに比べて失敗を恐れる傾向が多い。また、他人との評価をされて他人より遅れるという基準が立てたら挑戦に負担になるし、それによってどんなことにも始めから恐れを持つ事があり得る。 でも、遊びをする子供は失敗を失敗として感じないで「またやり直せばいいこと」で心構えを持つ事になる。例えばブロック遊びをする時に積み上げたブロックが落ちたとしても「またやり直せばいいこと」で心構えを持ってまた挑戦して成功に対する達成感を味わう。これらの過程を通して挑戦に対して恐れを持たず失敗を恐れない子供として育てられる。自分を信じて愛する、つまり、自尊感が高い子供で成長することになるのである。 創造力の発達 子供は遊びを通して色んな想像の世界に飲み込まれる。その中で新しい役割をしてみたり、色んな想像を加えながら自分の世界をもっと広げて創造力を高めていく。また色んな世界を再構築しながら新しい世界も創造し、まだ経験していない世界に対して創造をする過程を通して創造力は発達される。遊びには正解もないし、間違いもない。だから対象、仕方、時間にかかわりなく自分が思うままで自由自在に変えられるから、それを通して新しい答えを見つけたり、新しい仕方を見つけたりする。遊びを通して果てしなく新しい物を作り出す子供はきっと高い創造性を持っているのが間違いない。

    0
    Toki Labs
  • 子供の主体性を尊重しよう。

    By on August 21, 2014

      「ドイツの大抵の幼稚園では子供たち自ら思考できるように配慮しています。子供が自分が興味を持っていることに集中し、思う存分好奇心を注げるようにしておきます。この過程の中で子供はいろいろ考えるようになって、自然に質問もします。質問をする過程で子供は言語能力が向上できるし、数学に対して質問をして答えを得る事もあります。このように子供が興味を持っている事、子供がしたいと思う事に対して支援する事がドイツの教育仕方です。だが、子供が先に関心をもっている時に支援する事だけで限るし、親が何かを強要してはいけません。」 – ミュンヘンの国立早期教育研究所副院長「ベルンハルト ナーゲル」 つまり、子供が求めている遊びがあるならそれに口出ししたり、リードしてはいけない。あくまで支援だけするのが親の役目。子供の主体性にまかせて尊重しないといけない。例えば魚を好きな子供がいれば水族館に連れて行くとか、恐竜が好きな子供がいれば科学館とか博物館につれていって興味ある対象に関して説明してあげたり教えてあげる程度がいい。あえて親がリードして行動する事はいい方法ではない。 これらの過程を通して子供の自然的に理解力と感情的能力、身体的能力が大きくなる。これらの基本的な能力は子供が今後に生きるための必ず必要な能力である。反面、美的感覚、音楽的感覚、運動感覚などの感覚は先天的に与えられるので、それぞれの分野に対して子供が感覚を持っているとしても子供が興味があれば支援をして、そうじゃなければやめた方がいい。自分の能力を高めるためのすべての事は子供自身の意思に任した方がいい。そうすればするほど子供の自尊感、興味、没入度、成就度は大きく向上されてその過程の中で思考力、知力、推理力もまたともに向上されてすぐれた子供で育てる。

    0
    Toki Labs
  • 遊びの重要性 (2)

    By on August 21, 2014

    子供の遊びを尊重すれば、子供みずから「私は十分に尊重されているね!」という考えを持つ事になる。子供の遊びは子供の頃の生き方自体であり、この遊びを尊重すれば自分の生き方自体を尊重させていると思うから自尊感も高められる。自尊感がある子供で成長すれば周りの人の気を使わず、自分を信じて、自分が持っているものに満足して、もっと幸せに生きていけるようになる。また、親から自分が尊重されていると思うから親と子供の関係がもっと固くなれる通路でもある。 できれば子供の遊びに親が一緒にする事がもっと交感を感じて関係を固くできるから一緒にするのがいいが、以前話したように親が子供の遊びをリードするんじゃなく子供が中心になって自分の遊びをリードする方がいい。親は安全のために外れてはいけないとこだけをはっきり決めさせておいて安全から逃れない範囲ではルールも必要なし、子供の遊びに一緒にしてあげる方がいい。もし、親が中心になってリードしていろいろなルールを決めたり、親自身の目の高さに合わせるようにすると、子供は親の目の高さに合わせにくくなって、親との遊びに楽しさを感じなくなって遊びを長い時間続けられなくなる。結局それは親の遊びに子供が一緒にすることと同じである。 遊びは子供の発達に致命的な影響を与えると決めつけられないが、子供の情緒発達に大きく影響を与えられる。遊びが足りなくなると他人との感情を理解したり交感をする側面が足りなくなれる可能性が高くなることを知って、子供の遊びを子供の目の高さでみて尊重しないといけない。このような過程を通して子供が遊びの経験が足りなくて遊びをよくリードできなくても親がちょっと待ってあげて子供の遊びが発展できるようにもっと多くな経験を作ってあげればいい。このように遊びの経験を積み上げて行けば子供は遊びが問題をとく過程じゃなく面白く、楽しむ事だと考えるようになる。

    0
    Toki Labs
  • 遊びの重要性 (1)

    By on August 21, 2014

      子供に遊びが少ないからと言って「子供の発達に致命的な影響がある」と短艇的な結論は出せない。けど、自分の感情を自然に表現する方法とかお互いの感情を交感して交流するなどの情緒的な側面への発達は大きく足りなくなる可能性が高い。特に不定的な情緒と不定的な感情を遊びを通して安全に表現するが、遊びが足りない子供たちは自分の不定的な感情を解消できる通路が足りなくて自分の感情をその時に素直に表現できなくなって他の子供たちを攻撃したり神経質的に物を投げ出したりする行動が頻繁に起きる可能性が高い。 また、情緒的な側面への発達と交差する部分が多くて社会的な側面への発達にも問題が起こる。子供たちは遊びを通して同じ年の子供達と関係を結び、交流し、譲る事を学び、妥協することを学べる部分が発達する。このような活動が穏便にならないと同年代との関係をおろそかにして、酷い場合には萎縮したり、逆に同年代の遊びを邪魔する「邪魔者」になり得る。このような問題たちは子供が学校に入ったり、もっと成長して社会に出た時に集団に適応できない問題が起きる。 また、遊びが足りない子供たちは自ら思考して問題を解決して成功の為挑戦する繰り返しに関する経験が足りない。だから、自分で考えて行動する機会が段々減って行く。このような場合、子供は親がさせなければ行動して学習する習慣をもつようになる。つまり、自発性とか自己主導的な生活態度と学習態度にも邪魔される事もありえる。 遊びを通して自分がやりたい事と友達がしたいことの間で妥協する方法を学び、お互いに譲ったり、助けを求める方法を得る事もある。これらの過程の中で、子供が本当に上手なことを発見する事もある。これらの過程は子供みずから自分の生き方を完成していく過程であり。だから遊びの時間は親と分けられて子供みずから独立と主体性を学んでいく、人生の中で一番大切な意味を持つ。

    0
    Toki Labs
  • 子供に「あそび」とはなんだろう (2)

    By on August 21, 2014

      児童精神分析学者は、3歳から就学前までの時期を想像遊びをすることができる重要ながらも典型的な期間だと受け入れる。この期間には子供は想像の世界に飲み込まれやすくなる能力を発揮するようになる。このような想像ごっこを通して、他人の気持ちや感情、行動の仕方をうまく理解する過程を通して他人の気持ちと意図を感じ取る事に関心を注ぎ始める。 この時期に遊びじゃなく学習だけを強要した場合、子供にはいろいろ問題が起きる。 自分の感情をコントロール習慣をかけてなかったので、怒った時に怒りを調節できず、大声を出したり、投げたり、泣き出したり、ひどい場合に自害行為をする子供もいる。また、自分の感情を表現する機会が十分ではなかったから友達の感情も理解できない。結局、穏便な対人関係を作れなくなってちゃんとした学校生活ができなくなる事もある。 人間の脳は段階的に適切な教育を受ければ正常的な発達が出来るが、1~4歳間には感情と情緒発達に気を使うのがいい、人間の総合的な思考と想像力、判断力、感情の脳を調節できる脳を、4~7歳には行儀と人性教育に集中するのがいい。7歳以降なってからこそ本格的に文字や数字などを学習するのがいい。7歳以前に始める教育は脳が耐えきれず学習の成果がよくなかったり、成果がでない可能性が多い。この時期に教育をさせすぎると過剰学習障害症候群のようなストレスがでて脳の発達にむしろ障害になる可能性が高い。 例えば子供に幼いすぎる時から数学を教えるとすると仮定してみよう。子供が問題さえ理解できないほど脳が準備できてないのに続けて問題の正解を求めたらどうなれるかな?毎度間違える数学の問題をみて子供のは結局数学を嫌いになってこれによって子供が得る挫折感も大きくなる。このような挫折感とストレスを繰り返して経験するとむしろ脳の発達を阻害する結果を得られる。 遊びという行為は子供が今後社会に適応するための手段であり、十分な脳の発達のための手段であることを認め、子供の遊びを尊重し、奨励するのがいいと言いたい。

    0
    Toki Labs
  • 子供に「あそび」とはなんだろう (1)

    By on August 21, 2014

      遊びの英単語の「プレー(Play)」の語源は渇きという意味のラテン語「プラガー(Plaga)」から由来する。 これは喉が渇く人が水を飲むように自然に自分が求めてる行動をするて意味を含めている。だから遊びは自発的に出来た特別な目的がない、楽しい行為をいう。 でも、一部の親は遊びを通して教育をしようとする。そういう親たちの遊びの定義は、次のとおりである。「遊びは子供が面白くて楽しく何かを学び、得る事が出来る自然的な教育」、でも’遊び=教育」という公式は成り立たない。遊びは自発的にできた、特別な目的がない、楽しくて面白い行為でなければならない。 遊びは子供の脳の発達に多くの面でいい点があるが、これは今後の社会に適応する為に必ず必要な部分を発達させてくれる。以下は、遊びを通して子供が得られる点である。 遊びを通して子供が得られる点 ストレスの解消 規則性習得 達成感の向上 創造力の向上 表現力の向上 集中力の向上 事理分別力の向上 感情表現力の向上 問題解決力の向上   これらの遊びを先に述べたように親が制限をかけたり、学習をするようにすると遊びにならないのでここでの注意点は、以下に記載されている。 親が遊びに対して接近時の注意点 学習と繋がらないようにすること。遊びはそれ自体で子供にとっては価値がある行為である。常に何かを学ばなければならないのなら遊びに対する拒否感が入る事がある。...

    0
    Toki Labs