子供の脳、情緒発達の基本 (1)

子供の脳、情緒発達の基本 (1)
human's brain

人間脳

人の脳は大きく分けて三つに分けられる。

  1. 基本的な生存機能を調節する、は虫類脳
  2. 社会的行動の為のほ乳類脳
  3. 精巧な思考と理性的判断をできる人間脳

人間脳を抜いて環境的な危険とか反応に対して効率的に対処できる判断をできるようにしてくれる脳である。
現代社会でいろいろストレスが環境的な危険にあたるし、これらのストレスを調節したり理性的判断のためにはもっと発達した人間脳がより発達されてないは虫類脳とほ乳類脳を効果的にコントロールする状況にならないといけない。
だけど私たちは肉体的とか心理的に外部から危険を感じると理性的脳は非理性的な脳に簡単に制圧されて、外部のストレスを耐えきれず怒ったり落ち込むようになる。
これらの外部ストレスに対してより耐えられる人間脳の発達は大抵子供のころに行われる。
子供の脳は大抵生まれた後に発達し、脳の成長の9割が生まれた後の5年間行われる。この時期の経験と特に親との交流が直接な影響をあたえ子供の脳の発達の方向性を決める。
例えば親が暴力的な人なら暴力に対して敏感な反応をして過剰警戒、過剰防御、過剰攻撃をする方向に脳が発達し、このような時には理性的な脳は発達できず、環境の危険に対して効率的に対処できるは虫類脳、ほ乳類脳が発達して攻撃的な性向をもつ、小さなストレスにも耐えられないで暴力的な性向をもつ大人になる可能性が高い。
もし、親の暖かい世話をもらった場合、子供の脳はストレスを耐えて怒りを調節して、親切と同情心を感じる方向に脳は発達する。だから大抵の事にも理性的に判断できるし、ストレスに対して効率的に対処できるようになる。

 

 – Margot Sunderland. (2008). The science of parenting. DK Pub,

子供向けAppの研究、開発を5年間してます。子供の教育にたいしより科学的、効率的な仕方について研究し、「あそび」と「こども」のキーワードを中心に子供向けAppを作り、親の子供の教育にたいしての難しさをちょっとでも分けてあげたい気持ちの「Toki Labs」の代表です。最近は製品の制作より正しい教育の仕方に関してもっと関心を持って研究にそそいでいます。

2 Comments

  1. Kelley Moutoux 2 years ago

    Just wish to say your article is as astounding. The clarity in your post is just cool and i can assume you are an expert on this subject. Well with your permission let me to grab your RSS feed to keep updated with forthcoming post. Thanks a million and please continue the rewarding work.

  2. Adah Kardos 2 years ago

    I have not checked in here for some time because I thought it was getting boring, but the last few posts are great quality so I guess I will add you back to my daily bloglist. You deserve it my friend 🙂

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*