子供の主体性を尊重しよう。

子供の主体性を尊重しよう。

kid in museum

 

「ドイツの大抵の幼稚園では子供たち自ら思考できるように配慮しています。子供が自分が興味を持っていることに集中し、思う存分好奇心を注げるようにしておきます。この過程の中で子供はいろいろ考えるようになって、自然に質問もします。質問をする過程で子供は言語能力が向上できるし、数学に対して質問をして答えを得る事もあります。このように子供が興味を持っている事、子供がしたいと思う事に対して支援する事がドイツの教育仕方です。だが、子供が先に関心をもっている時に支援する事だけで限るし、親が何かを強要してはいけません。」 – ミュンヘンの国立早期教育研究所副院長「ベルンハルト ナーゲル」

つまり、子供が求めている遊びがあるならそれに口出ししたり、リードしてはいけない。あくまで支援だけするのが親の役目。子供の主体性にまかせて尊重しないといけない。例えば魚を好きな子供がいれば水族館に連れて行くとか、恐竜が好きな子供がいれば科学館とか博物館につれていって興味ある対象に関して説明してあげたり教えてあげる程度がいい。あえて親がリードして行動する事はいい方法ではない。

これらの過程を通して子供の自然的に理解力と感情的能力、身体的能力が大きくなる。これらの基本的な能力は子供が今後に生きるための必ず必要な能力である。反面、美的感覚、音楽的感覚、運動感覚などの感覚は先天的に与えられるので、それぞれの分野に対して子供が感覚を持っているとしても子供が興味があれば支援をして、そうじゃなければやめた方がいい。自分の能力を高めるためのすべての事は子供自身の意思に任した方がいい。そうすればするほど子供の自尊感、興味、没入度、成就度は大きく向上されてその過程の中で思考力、知力、推理力もまたともに向上されてすぐれた子供で育てる。

子供向けAppの研究、開発を5年間してます。子供の教育にたいしより科学的、効率的な仕方について研究し、「あそび」と「こども」のキーワードを中心に子供向けAppを作り、親の子供の教育にたいしての難しさをちょっとでも分けてあげたい気持ちの「Toki Labs」の代表です。最近は製品の制作より正しい教育の仕方に関してもっと関心を持って研究にそそいでいます。

1 Comment

  1. Gigi Beel 2 years ago

    I love your writing style really loving this web site.

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*