子供に「あそび」とはなんだろう (2)

子供に「あそび」とはなんだろう (2)

kids think

 

児童精神分析学者は、3歳から就学前までの時期を想像遊びをすることができる重要ながらも典型的な期間だと受け入れる。この期間には子供は想像の世界に飲み込まれやすくなる能力を発揮するようになる。このような想像ごっこを通して、他人の気持ちや感情、行動の仕方をうまく理解する過程を通して他人の気持ちと意図を感じ取る事に関心を注ぎ始める。
この時期に遊びじゃなく学習だけを強要した場合、子供にはいろいろ問題が起きる。
自分の感情をコントロール習慣をかけてなかったので、怒った時に怒りを調節できず、大声を出したり、投げたり、泣き出したり、ひどい場合に自害行為をする子供もいる。また、自分の感情を表現する機会が十分ではなかったから友達の感情も理解できない。結局、穏便な対人関係を作れなくなってちゃんとした学校生活ができなくなる事もある。

人間の脳は段階的に適切な教育を受ければ正常的な発達が出来るが、1~4歳間には感情と情緒発達に気を使うのがいい、人間の総合的な思考と想像力、判断力、感情の脳を調節できる脳を、4~7歳には行儀と人性教育に集中するのがいい。7歳以降なってからこそ本格的に文字や数字などを学習するのがいい。7歳以前に始める教育は脳が耐えきれず学習の成果がよくなかったり、成果がでない可能性が多い。この時期に教育をさせすぎると過剰学習障害症候群のようなストレスがでて脳の発達にむしろ障害になる可能性が高い。
例えば子供に幼いすぎる時から数学を教えるとすると仮定してみよう。子供が問題さえ理解できないほど脳が準備できてないのに続けて問題の正解を求めたらどうなれるかな?毎度間違える数学の問題をみて子供のは結局数学を嫌いになってこれによって子供が得る挫折感も大きくなる。このような挫折感とストレスを繰り返して経験するとむしろ脳の発達を阻害する結果を得られる。

遊びという行為は子供が今後社会に適応するための手段であり、十分な脳の発達のための手段であることを認め、子供の遊びを尊重し、奨励するのがいいと言いたい。

子供向けAppの研究、開発を5年間してます。子供の教育にたいしより科学的、効率的な仕方について研究し、「あそび」と「こども」のキーワードを中心に子供向けAppを作り、親の子供の教育にたいしての難しさをちょっとでも分けてあげたい気持ちの「Toki Labs」の代表です。最近は製品の制作より正しい教育の仕方に関してもっと関心を持って研究にそそいでいます。

1 Comment

  1. Lynn Embs 2 years ago

    Hello my friend! I want to say that this article is awesome, nice written and include almost all significant infos. I would like to peer extra posts like this .

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*