子供に「あそび」とはなんだろう (1)

子供に「あそび」とはなんだろう (1)

kids play

 

遊びの英単語の「プレー(Play)」の語源は渇きという意味のラテン語「プラガー(Plaga)」から由来する。
これは喉が渇く人が水を飲むように自然に自分が求めてる行動をするて意味を含めている。だから遊びは自発的に出来た特別な目的がない、楽しい行為をいう。
でも、一部の親は遊びを通して教育をしようとする。そういう親たちの遊びの定義は、次のとおりである。「遊びは子供が面白くて楽しく何かを学び、得る事が出来る自然的な教育」、でも’遊び=教育」という公式は成り立たない。遊びは自発的にできた、特別な目的がない、楽しくて面白い行為でなければならない。
遊びは子供の脳の発達に多くの面でいい点があるが、これは今後の社会に適応する為に必ず必要な部分を発達させてくれる。以下は、遊びを通して子供が得られる点である。

遊びを通して子供が得られる点

    1. ストレスの解消
    2. 規則性習得
    3. 達成感の向上
    4. 創造力の向上
    5. 表現力の向上
    6. 集中力の向上
    7. 事理分別力の向上
    8. 感情表現力の向上
    9. 問題解決力の向上

 

これらの遊びを先に述べたように親が制限をかけたり、学習をするようにすると遊びにならないのでここでの注意点は、以下に記載されている。

親が遊びに対して接近時の注意点

    1. 学習と繋がらないようにすること。遊びはそれ自体で子供にとっては価値がある行為である。常に何かを学ばなければならないのなら遊びに対する拒否感が入る事がある。
    2. 親がリードしてルールを作ったり、形式を限定させてはいけない。親のリードの下では子供は主体的な判断と達成感を得られなくなるし、興味を失って集中力が落ちる事がある。
    3. 子供の自発性にまかして安定性を為にやむを得ない場合には、最小限のルールだけを限定させて行わなければならない。
子供向けAppの研究、開発を5年間してます。子供の教育にたいしより科学的、効率的な仕方について研究し、「あそび」と「こども」のキーワードを中心に子供向けAppを作り、親の子供の教育にたいしての難しさをちょっとでも分けてあげたい気持ちの「Toki Labs」の代表です。最近は製品の制作より正しい教育の仕方に関してもっと関心を持って研究にそそいでいます。

1 Comment

  1. Dan Smead 2 years ago

    Lovely just what I was searching for.Thanks to the author for taking his time on this one.

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*